バイアグラを通販、本物手に入れる

心疾患患者の性行為と心理負担

心疾患患者の性行為と心理負担

性行為自体は性欲がある限りは行い続けたいと思う人は多いと思います。日本人は未曽有の性行為をしない時代に途中していることをご存知でしょうか?

 

世界的に見てもその頻度は悪く、ワースト3位以内に入っているといえます。中国も最近一人っ子政策が取りやめられることになり、これからもっとその順位は落ちて聞くことと予想されています。

 

これらの多くの原因はストレスと、子育て環境が著しく悪化してきているからでしょう。健常者でもこのような状態ですが、心疾患を持っている方なら、自身の健康面にも影響の出ることなので、もっと重大な問題となってしまいます。

 

心筋梗塞発症後に4年が過ぎた既婚男性へのアンケートでも7割の男性は病状発症後に性行為をすることをやめたか頻度が減少したと答えています。

 

冠動脈バイパス手術患者の約4割は術後の性交渉の頻度を自発的に減少させたと答えています。また、2割がその後の性交渉の再開に不安を持っているとも答えています。

 

パートナーからしても、4割の女性が性交渉の再開に不安を持っているようです。性交渉に対する心停止事故に対するリスクに関して多くの患者や医師が、心筋梗塞発症後の性交渉は危険であるという認識を持ってきている。

 

患者とパートナーの性的不健全を解消するためには、臨床医などがもっとケアをする必要があるものと考えます。

 

性行為への心臓への負担は、多くの場合は通常の日常生活活動レベルの範囲内であり、負荷としても特に大きなものでもありません。

 

具体的には坂道歩行や階段を上がる程度です。しかし、基礎心疾患の治療が十分でないとこの程度の負荷でも思いもよらない症状の悪化が懸念されます。そのために婚外交渉や、精神的や肉体的に負荷がかかりすぎる環境での性行為は控えるべきでしょう。

 

一方、性行為は心停止事故の引き金になりうるリスクがありますが、このリスクは日頃からの運動習慣により軽減することができます。

 

心疾患患者は必要以上に性交渉を危険だと思い込むことなく、正しい知識を持って臨むべきことだと思います。