バイアグラを通販、本物手に入れる

バイアグラとは

バイアグラ意味

みなさんよく御存じのバイアグラはED治療薬としてファイザー製薬から販売され瞬く間に有名な薬になりました。

 

バイアグラは狭心症の薬として開発されていましたが狭心症よりもEDに効果が出ることを突き止め『奇跡の薬』としてこの世に生まれました。
バイアグラViagraという名前は、ファイザー社で長い間検討されていた名前で、「vigor(精力)」と「Niagara(ナイアガラの瀑布)」をイメージしています。

 

バイアグラ臨床試験

服用量が多いほど効果が高かった

具体的には25mg、50mg、100mgのバイアグラを服用した人値はそれぞれ、63%、74%、82%の人に勃起が改善しました。プラシーボ軍は24%でした。

 

バイアグラを服用した時勃起不全は改善されたが、勃起の強さや持続時間に関する質問項目で見ると、その平均スコアほど高くなかった
またバイアグラの服用によって成功がうまくいく割合が増加したが、100%うまくいったわけではありません。
成功率はバイアグラの効果が出た人たちのうちの82%でした。

持続時間はどれぐらい?

 

バイアグラによる勃起はどれくらい持続するのか?と言う重要な問題を客観的に調べた研究報告は少ない。1996年にイギリス泌尿器学雑誌に掲載された論文で、研究は36歳から63歳までの勃起不全者12人を対象に行われました。対象者は視覚性刺激を受けながら、バイアグラまたはプラシーボを服用しました。プラシーボを服用した時の勃起継続時間は平均で1分だったのに対して、25mgのバイアグラを服用した時は7分から8分、50mgでは8分から11分も持続しました。

 

勃起不全のある人全体の約70%効果がみられました

バイアグラの最も注目すべき点は、勃起不全の原因がなんであれ効果がみられたことで、糖尿病や脊髄損傷など身体的な問題がある人にも、うつ病など精神的な問題がる人にも効果がみられました。

 

もっとも効果があったのは心因的な原因がある人でした

心因性の勃起不全の人うち84%に効果がありました。(プラシーボを服用した心因性の勃起不全の人のうち、効果がみられたのは24%)また日誌から、性交がうまくいった率はバイアグラ分が70%、プラシーボ群は29%でありました。

次のページ≫バイアグラ効果持続時間