バイアグラを通販、本物手に入れる

心身間患者の性交時の心臓への負担

心身間患者の性交時の心臓への負担

健常者の場合にはそれほど問題ありませんが、心臓に疾患を持っている人の性交時の心臓への負担はどのようになっているのでしょうか?
ある臨床試験のデータを紹介したいと思います。平均年齢50歳の男性で、冠動脈疾患患者において、性交維持の最大心拍数は平均115であり、健常者と比べてもそれほど大きな差はありませんでした。また射精時でも144であり少し上昇しました。

 

また同じ患者で階段を20段上るときの最大心拍数は118であり、性交時よりもこちらのほうが高い数値が出ています。

 

この報告からも、心疾患患者でも健常者と同様に安全に性行為を数個とが可能であることがわかります。もちろん階段を20段登ることができない重度の患者さんには性行為は危険だといえるでしょう。

 

しかし、性交中に違和感や胸痛などを感じたらすぐに行為をやめることです。さらにパートナーによっても心拍数が変化することがわかっています。ある男性の場合で葉、長年付き添ってきた妻との性行為では心拍数は90程度だったのに、ガールフレンドとの性行為になると心拍数が一気に150まで上がることもあります。

 

以上をまとめると、心臓に疾患を持っている人は、十分な治療を受けている場合には、性行為による心臓への負荷は、健常者と同様に日常生活レベルであり、危険性を増加させるものではありませんが、普段のパートナー以外の相手や、婚外交渉の場合には予想を上回る心拍数の上昇があるために、治療が不十分な場合などは特に、過大な棄権が出る可能性があることを覚えておいてください。