バイアグラを通販、本物手に入れる

バイアグラ死亡事故について

バイアグラ死亡事故

アメリカでの医薬品の情報開示を求める声が大きく、バイアグラをそのほかの薬物との併用によって死亡したケースがきちんと公開されています。FDAはバイアグラの発売当初から、この商品の安全性に対する立ち位置は変化していません。

 

報告内容を公表する目的は、こういう情報に興味を示す人たちが、正しい情報を得やすいようにするために環境づくりのためです。

 

バイアグラの死亡例を検討するには、どうしても自発的な報告には限界があります。報告された内容の時間の経過やその前後の環境が正確かどうかを確保するのが難しいからです。

 

さらに、患者に生じた反応は、実際には持病が原因であり、バイアグラが関与したものでないことも考えられます。それらのものもすべてを含めたものが、報告として挙がっているのです。

 

そのために、一つの事柄だけを見て、その原因の真実を読み解くことは難しいデータであるともいえます。

 

また、バイアグラの死亡例を完ぺきに網羅しているのものでもなく、決定的な判断をすることができないともいえます

 

バイアグラの死亡例

 

62歳男性、血圧の薬であるインシュリンを服用していました。

 

糖尿病、心拍移譲などの既往歴がありました。バイアグラを初めて服用してから30分後に、性行為を始めていないのに、急にうなだれ、呼吸が止まりました。

 

救急機関に搬送された時には呼吸も心拍も停止していました。死因は心筋梗塞でした。

次のページ≫バイアグラで予防はできない