バイアグラを通販、本物手に入れる

個人輸入でバイアグラ購入する際の注意点

個人輸入でバイアグラ購入する際の注意点

勃起不全の症状で悩む男性が世界中で増えてきているといわれています。1999年に登場して以来、バイアグラはこのような男性たちを救い続けています。

 

日本でも個人輸入が認められるようになり、バイアグラを簡単に購入できるようになりました。とても便利な反面、医薬品の輸入ということで、いくつかの規制が設けられています。

 

ここではバイアグラの個人輸入に関する注意点を紹介したいと思います。

 

基本的なことですが、バイアグラという商品についての知識があることが前提です。どのような副作用があるのか、副作用が出たときにはどのように対処すればいいのか、禁忌薬は何なのかなどは最低限知っておく必要があります。

 

次に、よく間違って認識している方がいることから説明します。個人輸入では、自分で使用するものしか注文してはいけないことになっています。たとえば、バイアグラの場合は男性が服用するものですので、たとえ生活を共にしている妻からの注文でもバイアグラを個人輸入することはできません。

 

また、一度に注文できる上限は1ケ月間の服用分となっています。バイアグラは1日1錠しか服用することができませんので、最大30錠ということになります。

 

それ以外のバイアグラの個人輸入の注意点としては、他人に譲渡したり、転売することは禁止されています。これは、バイアグラの副作用に関する知識がない人の手に渡らないようにするための制度です。